世界に挑戦する学生が

グローバル社会で戦える

未来を作ります。

UC LABOとは

UC LABOは、コミュニティー・カレッジからカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)への編入を果たした卒業生によって設立されカリフォルニア州の大学を卒業したスタッフで構成されています。

創設者がカレッジ在学時、UCトップ校を目指す日本人学生と出会う機会が多くありました。しかし、複雑なUC編入制度を完全に理解しておらず、些細な間違えで編入資格を失ってしまい、途中で日本に帰国せざるおえない優秀な学生も多くいることを目の当たりにしてきました。このような状況を解決したい、そして、多くの日本人が世界で成功できるようサポートをしたいという思いから、本サポートサービスを立ち上げました。

これからアメリカの大学に通う学生にとって、異国の地での新生活、そして、トップ校編入を目指す学校生活は非常に大変です。毎日の膨大な量の宿題やテスト勉強だけでなく、複雑なUC制度を理解し手続きを一人で 行う必要があります。些細な間違えが、大きなお金の無駄遣いだけでなく、UC編入の可能性を狭めることにもなりかねません。これらの複雑な作業をサポートし、学生が安心して少しでも多くの時間を勉学に励むことができるよ うにすることが私たちの目標です。

UC LABOの特徴

これまでの留学エージェントと、UC LABOができることは大きく異なります。

UC LABOは、海外留学は、「留学するまでが勝負ではなく、留学してからが本当の勝負」であることを理解しています。特にカリフォルニア大学をはじめとする世界のトップ大学への進学には、現地での努力、人間力、情報力など、学生の様々な「力」が求められます。

これまでの留学先に行くまでのサポートだけではなく、新しい地での学びへの順応、情報格差による不平等さの解決を通し、 誰もが平等に世界トップ校へ挑戦できる世界を作りたい。

そんな想いから、UC LABOは生まれました。

トップ校を目指す留学生にとって、留学するまでが勝負ではありません。 留学してからの努力と一つ一つの選択が重要であると信じています。

UC LABOは、留学前から留学後の現地で生活まで安心のサポートをご提供します

カレッジ・カウンセラーとの違い

カレッジのカウンセラーと、UC LABOの「UC編入カウンセラー」は、できることが大きく異なります。その違いはなんでしょうか。

第三者だから提案できること

カレッジに所属するカウンセラーでは、あくまで「一般的にこのような教科を取れば良いというアドバイスはできても、その学生に合う授業や成績の付け方が易しい先生を積極的に提案はできません。UC LABOでは、第三者の立場から、学生に最も最適なクラス・教授を選ぶことができます。また、カレッジでの授業料を出来るだけ安く抑える方法等もアドバイスしています。

4年後を見据えたサポート

カレッジのカウンセラーは、毎年多くの学生の受入を担当するため、一人一人に合わせた長期に渡る編入アドバイスはできません。UC LABOでは、サポートする学生数に制限を設け、少数の学生に対し、短くて2年間、長くてUC卒業まで長期的なアドバイスをしています。

UCへの編入に特化

カレッジに在学するほとんどの学生は、編入ではなく、Associate Degree(短大卒)を目指しているため、カレッジのカウンセラーのアドバイスが必ずしもUC編入希望者に向けたものとは限りません。UC LABOでは、トップ大学への編入に特化した、編入のためのアドバイスを提供しています。